Home » 香港観光情報

香港旅行前に買い揃えておきたい便利なトラベルグッズ厳選7つ

2013年 8月 5日 コメント(0)
はてなブックマーク - 香港旅行前に買い揃えておきたい便利なトラベルグッズ厳選7つ
Pocket

初めての香港旅行

香港と日本を行ったり来たりしていると、これがあると便利!という発見がイロイロあります。
そこで、香港旅行にこれがあれば便利!と思えるトラベルグッズをまとめて、紹介してみたいと思います。

機内持ち込みOKで軽々持ち運び出来るカバン 【1】

大阪・関西空港と香港の間をLCCのピーチが飛ぶようになり、出来るだけ機内持ち込みの荷物だけで済ませるようにしています。その方が旅費の節約にもなるのですが、一番のメリットが空港到着後に荷物が出て来るのを首を長〜くして待たなくてもスルーッと通り抜けれること。香港国際空港のターンテーブルで荷物を待つ時は、いつも大体30分以上は待ちぼうけしています。空港から抜け出て、出来るだけ長くの時間を街中で過ごしたいですからね。

で、大活躍なのが、カリマーのトラベルバック。

機内持ち込みOKなサイズなのは当然なのですが、それでも、結構大容量な40リットルのサイズ。

そして重要なのは、持ち運ぶがラクチンなこと。

このバッグはソフトキャリーバッグと分類されるバッグで、【1】手提げで持ち運ぶ【2】車輪が付いているのでコロコロと引っ張る(キャリーバッグ状態)【3】リュックとして背負う【4】外側のパーツを取り外して小さなリュックとして持ち運ぶ、と4通りの使い方が出来ます。

カリマー エアポートプロ40R

インラインスケートでも使われる大きな車輪が付いているので、キャリーバックとしてコロコロと軽く持ち運ぶことが出来ます。やっぱり背負ったり、手で持ち運ぶしか出来ないバッグだと疲れちゃいますからね。

コロコロとずっと運べたら良いのですが、階段を昇ったり、デコボコの道をどうしても移動しないといけない時もあります。そんな時は、バックの後ろのチャックを開けると出てくるストラップを使うと、リュックとして背負うことが出来ます。この臨機応変さはウレシイ。

最近は、ノートパソコンとiPadが旅行中も欠かせないことが多いですよね。大きなカバンの中に入っていると、空港の安全検査の時にいちいち取り出すのもメンドウです。なので、パソコン関係やパスポートとかを取り外し出来る外側のカバンに入れておくと便利。小さいリュックを機内でも取り外しておいて、本体は上の荷物収納コンパートメントへ、パソコン・iPadと貴重品は手元に、としておけば、安心ですからね。

カリマー エアポートプロ40R旅行のお供に最適なカバン「カリマー エアポートプロ40R

アマゾンで見る

楽天で見る

カリマー エアポートST40 ブラックちなみに、外側のリュックが無いバージョン「カリマー エアポートST40」もあります。

アマゾンで見る

楽天で見る

機内でより快適に寛ぐなら、やっぱりコレ。 【2】

LCC航空会社ピーチに関する記事でも紹介したのですが、機内でゆっくり休みたい時には、このお休みグッズが欠かせません。
機内はゆっくり休んで、たっぷり香港で遊びましょう!食べましょう!

【関連する記事】 格安航空券のLCCピーチで飛ぶ香港。[5] 快適に旅する5つの方法

B00BA58C7CEAGLECREEK(イーグルクリーク) コンフォートトラベルピロー 11861142
価格: ¥ 1,890
空気を吹き込むバルブが他のピローと異なり、特徴的で、膨らませやすく、しまい易い口が大きいバルブとなっているので、大変使いやすいです。4-5回吹き込んで、簡単に膨らませることが出来、逆に、すぐに空気を抜くことが出来ます。
取り外して洗濯も可能なカバーは、マイクロフリース製で、肌触りはなかなか気持ち良いものです。

B001F4WJ8Q立体型アイマスク ナイトブルー
価格: ¥ 1,050
立体型に作られたアイマスクです。コメカミ部分にフィットし、目の周りが浮かせた立体形状となっているので、圧迫と光漏れが少なく、女性の方も、アイメイクがほぼ落ちないのでオススメです。
肝心の遮光性も完璧で、明るさを全く感じさせません。
また、耳にかけるゴムも、簡単に左右別々に長さ調節が出来るので、使い易くできています。

B000Y31EA8サイレンシア レギュラー
価格: ¥ 484
柔らかい使い心地のポリウレタン素材の耳栓です。耳ざわりな高周波音を遮断してくれます。
使い方は、(1)指で、できるだけ細いロール状にし、(2)耳を指でつまんで軽く上に持ち上げながら、耳栓を奥まで入れ、(3)すると、耳栓がゆっくりと自然に膨らみ耳にフィットします。

乾いた機内で水分補給する際に… 【3】

B0095CX3Q2飛行機の中は乾燥しているので、いつもイミグレ通過後の売店で、必ず水かお茶を買って持ち込んでいます。でも、座席の前にあるポケットは狭いので、ペットボトルが上手く入らなんですよね。そんな状況を打破してくれたペットボトルホルダー。

ペットボトルのキャップ辺りにこれを差し込んで付けて、フックを座席前のポケットに引っ掛けるだけ。

そして、このペットボトルホルダーの特徴は、フックと本体が取り外せること。意外と他に見かけないんですよね。簡単にペットボトルを取り外して飲めるので、重宝します。

また、飛行機を出ても、カバンに引っ掛けれるので、移動する時も邪魔になりません。

L.S.D ニューペットボトルホルダー

パスポートと航空券、搭乗券はココ。外貨もね。 【4】

B0095CX3Q2空港のチェックインカウンターやイミグレでパスポートが必要なのですが、意外と、「あれ?どこに入れた?」となりがち。なので、財布よりちょっと大きめの旅行用財布にパスポートを入れて、カバンに入れています。サイズ大きめのトラベルウォレットだと探し易いからね。

あと、香港に着いたら、普段使いのお財布には香港ドルを入れるので、日本円を抜きとって、トラベルウォレットへ入れています。それに航空券も一緒に入れておけば、貴重品も一カ所に管理出来て、バッチリです。

PORTER ディル DILL トラベルウォレット パスポートケース

いつも使う電子機器を香港でも使うなら… 【5】

全世界対応 充電セット香港のコンセントの形は、日本のコンセントの形とは違います。
なので、コンセントの形を変換出来るアダプターは香港に限らず、海外旅行には必須。これさえあれば、各種形状に対応出来るので、訪問先のコンセントの形をわざわざ調べなくても大丈夫。

で、でも、注意したいのが、電圧。日本は100Vなのに対し、香港では強めの220V。利用する電子機器に変圧機能があり、100V-240V対応といったものであれば良いのですが、そうでなければ、「ボンッ」という軽い爆発音とともに、おシャカになってしまいます。爆発させた経験は、片手の指の数程はあります。

この電圧の違いを超えて、100Vでしか使えない電子機器を使いたい時には、変圧器(トランスレンダー)も必要です。変圧器を通すことで、220Vの香港の電流も、100Vに変換してくれます。

なので、「変換アダプター」と「変圧器」をセットで準備しておきましょう!
か、はなから、220Vでも使えるものだけを旅行にもっていくとかね。あっ、でも、変換アダプターは必要か!

全世界対応 充電セット(トランスレンダー+シスプラ)携帯巾着付 CIS-30W

増える電子機器、増えて絡まるケーブルにはコレ! 【6】

B00CQ6342CカメラとかiPhone、iPadなどの電子機器を香港旅行に持って行くのならば、ワラワラと増えてしまうのがケーブル類。ケーブルは増えると、絡まっちゃって、大変ですよね。そんなケーブルと電子機器を収納するようにデザインされたバッグがあるので、奇麗に収納できちゃいます。

la poche(ラ ポッシュ) Charge Me Up (チャージミーアップ) green グリーン トラベル用 小物収納 バッグ bag

ハンガーフックでどこでも使えて便利 【7】

B00CQ6342C洗顔グッズとか、歯ブラシとか、ちらばりがちな小物をまとめて入れておくのに最適です。ハンガーフックが付いているので、洗面台やタオル掛けとかに引っ掛けて使えて便利です。

[モンベル] mont-bell Travel Kit Pack L

どうでしたか?
香港へ出かける前に、ちょっと買い揃えて、快適な香港旅行を楽しみましょう!

他にも、こんなオススメがある!という方は是非是非コメント下さい。

はてなブックマーク - 香港旅行前に買い揃えておきたい便利なトラベルグッズ厳選7つ
Pocket

こちらもどうぞ:関連していそうな記事

こんな記事もあります:ランダムピックアップ!

HKIA to Macau ferry
「香港空港からマカオ行きフェリーの乗り方」のようなのはありますか?
點一龍 | 龍蝦湯三皇餃
伝統的な点心から革新的な点心も楽しめるモダンな飲茶点心専門店 | 點一龍 Dim Sum Bar
堅尼地域 | トラム行き先案内
「トラムでGO!~香港トラムの旅を味わい三昧」

コメントをお願いします!

下記フォームからコメントできます。
あなたのサイトからトラックバックすることもできます。
このコメントをRSSで購読することが出来ます。

これらのタグを利用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>