Home » グルメ特集

佐敦 ジョーダン のはずれ、渡船街で食べるバインミー | 添記法式三文治

2013年 6月 30日 コメント(0)
はてなブックマーク - 佐敦 ジョーダン のはずれ、渡船街で食べるバインミー | 添記法式三文治
Pocket

バインミー | 添記法式三文治
香港でサンドイッチと言えば、チェーン店のOliver’s SUPER SANDWICHESやサブウェイが目につきますが、香港版の食べログであるOpenriceで高い評価を得ているサンドイッチのお店に行って来ました。

それは佐敦(Jordan)にあるベトナムサンドイッチ「バインミー」のお店で「添記法式三文治」といいます。
バインミーというのは、フランス植民地だったベトナムの食べ物で、フランスパンに切り込みを入れ、バター、レバーペーストなどのパテ、なます(甘酢づけの野菜)やコリアンダーの葉などを挟み、魚醤(ヌックマム)を振り掛けて仕上げたサンドイッチです。

お店があるのは、佐敦・渡船角。佐敦(ジョーダン)でも外れの方で、MTR西鐵線オースティン駅の北側にあり、なかなか足を伸ばす機会がないエリアかもしれません。渡船角というエリアには、このお店の他にもたくさんのレストランがあり、多くの地元の人で賑わいます。

バインミー | 添記法式三文治
お店について見ると、広くはない店内で、おじさんがカウンターの後ろで一人でサンドイッチを作ってます。
そして、お店の壁には、雑誌で取り上げられた際の記事がところ狭しと貼られています。それだけ美味しいバインミーが食べれるのか、と期待せざるを得ません。お客さんが次々とやって来て、注文しているところを見ると、やっぱり美味しいんでしょうね。

店内にはカウンター席が2席しかなく、この店は基本的にはテイクアウト専門のようです。

バインミー | 添記法式三文治
カウンターには、3品だけ書かれたメニューが貼られています。

大法包:サンドイッチ(大) 56香港ドル
小法包:サンドイッチ(小) 29香港ドル
蒜蓉包:ガーリック・トースト 7香港ドル

サンドイッチは、大小それぞれ、18インチ(45センチ)と9インチ(23センチ)で、大を頼むと長いバゲット一本分なので、一人だと「小法包」(サンドイッチ・小)でちょうど良いでしょうね。

バインミー | 添記法式三文治
カウンターで作るサンドイッチだけではなく、店内ではベトナム食材も販売していました。

バインミー | 添記法式三文治
注文してから、5分ほどで出て来ましたぁ。
小法包(サンドイッチ・小)と蒜蓉包(ガーリック・トースト)です。

バインミー | 添記法式三文治
まずは、バインミー、小法包(サンドイッチ・小)をいただきます。

バインミー | 添記法式三文治
すぐに目につくのが人参の鮮やかな赤色。なますっぽく、甘酢の味がついた人参で、ベトナム・サンドイッチの特徴ですね。
そして中には、4種類のお肉(豬手肉、五香腩肉、法式嚼肉、越南扎肉)が入っていて、ベトナムから取寄せる越南扎肉以外は、お店の自家製だそうです。法式嚼肉「パテ」は豚と鳥のレバーを使って、フォアグラのような味を醸し出しているとか。

バインミー | 添記法式三文治
一口食べてみると、トーストされたフランスパンがサクッ、中にたっぷり詰められたお肉のコクと塩味が絶妙です。また、にんじんのなますが口の中をさっぱりとしてくれ、良いコンビネーションです。

バインミー | 添記法式三文治
続いて、蒜蓉包(ガーリック・トースト)もいただきます。
焼きたての温かいのを口に入れると、カリカリッという良い食感と、ニンニクとバターの味が広がります。

ベトナム・サンドイッチ「バインミー」とガーリック・トースト、なかなか美味しくて、佐敦のはずれにある渡船街まで行く価値あり、と思いました。是非、お試しを〜!

バインミー | 添記法式三文治添記法式三文治 Tim Kee French Sandwiches
佐敦渡船角文苑街26號文耀樓地下C號舖
Shop C, G/F, Man Yiu Building, 26C Man Yuen Street, Jordan
電話:2385 7939
営業時間:11:00-00:00


はてなブックマーク - 佐敦 ジョーダン のはずれ、渡船街で食べるバインミー | 添記法式三文治
Pocket

こちらもどうぞ:関連していそうな記事

こんな記事もあります:ランダムピックアップ!

象拔蚌  jeung bat pong | ミル貝
象拔蚌 Jeung Bat Pong | ミル貝 - ちょっとグロ。でも、お刺身で美味しく。
B004M1RL5U
そろそろ迎春デコレーションの香港のショッピングモール 2014
Ceres 店頭
Ceres | 九龍城のブランジェリーとパティシエ屋さん

コメントをお願いします!

下記フォームからコメントできます。
あなたのサイトからトラックバックすることもできます。
このコメントをRSSで購読することが出来ます。

これらのタグを利用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>