Home » グルメ特集

桃花源小廚 Tim’s Kitchen |香港ミシュラン星獲得レストラン

2012年 4月 22日 コメント(1)
はてなブックマーク - 桃花源小廚 Tim’s Kitchen |香港ミシュラン星獲得レストラン
Pocket

桃花源小廚 Tim's Kitchen
さてさて、勝手に始めてみました、
 「Love Life 香港!ミシュランレストラン星めぐり」の旅。
記念すべき1件目は、ミシュランガイド2012年版で1つ星を獲得しているお店「桃花源小廚」。上環にある広東料理のお店です。

 この「桃花源小廚」は、もともと恒生銀行のお抱えシェフだった黎有甜さんが、奥様の余蕙蓮さんと共に上環の蘇杭街で30席ほどしかない小さな店舗からスタートしたレストランです。10年以上が経ち、今ではマカオ、上海にも出店。独自の広東料理ブランドを確立し、ミシュランガイドでも香港・マカオの2店舗が2つ星を獲得している広東料理としては世界で唯一のレストランとなっています。(残念ながら2012年版のミシュランガイドでは1つ星に降格してしまいましたが。)

 2010年に上環蘇杭街から現在の文咸東街へ移転。新店舗では2フロアあわせて600平方メートル、3つのVIPルーム含め合計130席が設けられています。台湾人デザイナーが手がけたという内装は、モダンチャイナスタイルが上品に取り込まれています。

 今回はお昼時に、予約なしで行ってみました。飲茶メニューがあったので、点心を中心に注文しました。

入り口に「蛇羹上市(蛇スープございます)」の張り紙があったので、ここぞとばかりに注文してみました。鶏のささ身のような触感の蛇肉と、きのこやキクラゲなどいろいろな具が入ったスープはあっさりとしていて美味しくいただけました。メニューにおススメと書かれていた広東料理ならではの醤油鶏と、えび餃子と牛肉ボールの合計4品で2人でちょうど良い量でした。
お茶代、サービス料合わせて254ドル(約2,600円)と、なかなかお気軽に本格広東料理を楽しめるお値段でした。

ちなみにこちらのお店の名物料理は、

・「太史五蛇羹(五目蛇スープ)」 Supreme Snake Bisque $90
・「玻璃明蝦球(クリスタル大海老)」 Crystal King Prawn $150
・「冬瓜蒸原隻鮮蟹鉗(冬瓜とカニ爪の蒸し物)」 Steamed Whole Fresh Crab Claw with Winter melon $220
・「冰鎮鵝肉卷(ガチョウ肉の湯葉巻き)」 Chilled Marinated Goose Meat Roll $48

だそうです。後から調べて判明しました…次回ぜひ蛇スープ以外も試してみたいところです。
これらの人気メニューは品切れの可能性もあるので、予約時にオーダーしておくのがベターなんだそうです。

 公式サイトには「桃花源小廚」の名前の由来が記載されており、オーナー黎有甜さんの息子さんが研究・演出に熱意を注いだ広東劇の作品「桃花源記」から取ったものだそうです。これは中国の伝奇小説で、「桃源郷」という言葉の元になったユートピア・ストーリーとして知られています。

桃花源小廚 Tim’s Kitchen
香港店
上環文咸東街84-90號地下A舖及1樓
Shop A, G/F & 1/F, 84-90 Bonham Strand, Sheung Wan
営業時間:月~土11時半-15時;18-23時、日曜休み
電話 : (852) 2543 5919

マカオ店
葡京酒店東翼大堂(ホテルリスボア・イーストウィング)
Lobby Level, East Wing, HOTEL LISBOA MACAU
ランチ:午前12時~午後3時 ディナー:午後6時~11時
電話: (853) 8803 3682

上海店
上海市静安区南京西路1266号恒隆广场5楼
電話:(86) 21 6288 8181

http://www.timskitchen.com.hk/index.html


より大きな地図で Love Life Hong Kong を表示

これからお財布の許す限り、香港のミシュランレストランめぐりを続けてみたいと思います。

はてなブックマーク - 桃花源小廚 Tim’s Kitchen |香港ミシュラン星獲得レストラン
Pocket

こちらもどうぞ:関連していそうな記事

こんな記事もあります:ランダムピックアップ!

大坑の火龍
疾走する火龍。飛び散る火の粉。 | 大坑の火龍
黄瓜海蜇 キュウリとクラゲ | 上海料理レストラン「南小館」
ハイサンプレイスのカジュアル上海料理レストラン「南小館」
海鮮スープ
マカオ日帰りの旅 - 3:Pousada De Sao Tiagoでランチ -

一件コメントがあります。 »

コメントをお願いします!

下記フォームからコメントできます。
あなたのサイトからトラックバックすることもできます。
このコメントをRSSで購読することが出来ます。

これらのタグを利用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>