Home » グルメ特集

香港映画「花様年華」と「2046」の雰囲気で、がっつり食べるステーキ で、その現実は? | 金雀餐廳

2012年 3月 30日 コメント(0)
はてなブックマーク - 香港映画「花様年華」と「2046」の雰囲気で、がっつり食べるステーキ で、その現実は? | 金雀餐廳
Pocket

金雀餐廳 | 外観
銅鑼灣(コーズウェイベイ)にある1960年代創業のいぶし銀老舗洋食レストラン「金雀餐廳」にやってきました。

金雀餐廳 | 店内の様子店内に入ると、くすんだ緑色のクロスが掛けられたテーブルが並んだ、色褪せた配色のレトロな雰囲気(≒ショボイ?)がしています。創業した1960年代からタイムスリップしたのではないかと思わせる店内の独特の雰囲気です。
レトロなレストランということでも名が知られているのですが、また、別の一面でもこのレストランは有名です。壁に貼られたポスターに書かれた数字「2046」が見えますかね。

金雀餐廳 | 「花様年華」と「2046」実は、このレストラン「金雀餐廳」は、スタイリッシュな映像を得意とする香港を代表する映画監督である王家衛(ウォンガーワイ)が撮った映画「花様年華」(In the Mood for Love)(2000年)、「2046」(2004年)で主人公が食事するレストランのロケ地ということでも、有名です。
「花様年華」ではトニー・レオンとマギー・チャンが、「2046」ではトニー・レオンとフェイ・ウォンがこのレストランで食事していました。

B00005S0D0花様年華
In the Mood for Love
出演
梁朝偉(トニー・レオン) 張曼玉(マギー・チャン)
監督
王家衛(ウォン・カーウァイ)
制作 2000年
B00067HCWQ2046
出演
梁朝偉(トニー・レオン) 木村拓哉 鞏俐(コン・リー) 王菲(フェイ・ウォン) 章子怡(チャン・ツィイー)
監督 王家衛(ウォン・カーウァイ)
制作 2004年

金雀餐廳 | 「花様年華」と「2046」のセットメニューということで、お店のメニューにも、「花様年華」と「2046」と名付けたセットメニューが、ちゃっかり便乗して、あったりします。
「2046」セット 2人用 320香港ドル
パンとバター ボルシチかチキン・クリームスープ エビサラダ 焼きエスカルゴ(半ダース) ラム肉かサーロインステーキ コーヒーか紅茶 バニラアイス
「花様年華」セット 2人用 380香港ドル 
パンとバター フィッシュ・チャウダー ムール貝のガーリック焼き(半ダース) ロブスターのチーズ焼き コーヒーか紅茶 バニラアイス

金雀餐廳 | 単品メニューもあります。また、単品メニューもしっかりとあります。
鳩、牛、豚、エビ、アワビ、ホタテ、ガルーパ、鶏、ダチョウなどなど、色々なお肉のステーキのラインナップです。
ベタな路線で行くと、ニュージーランド産サーロイン・ステーキセットで、120香港ドル。日本のファミレス価格ですかね。一番高くて、ヒレ肉ステーキとアワビのセットが260香港ドル。なかなかの庶民派価格です。

金雀餐廳 | レトロデザインなペーパークロステーブルに敷かれたペーパークロスも、レトロな雰囲気満点のデザインです。
というか、創業当初から、デザイン変更をしていないのではないかと思うほど。

金雀餐廳 | パンとバターまずは、パンとバターが出てきました。
んまぁ、どうってことないパンです。

金雀餐廳 | 羅宋湯(ボルシチ風スープ)とクリームスープ続いてスープです。ボルシチとクリームスープです。
香港の茶餐廳でよく出てくる「羅宋湯」(ボルシチ)ですが、ボルシチというより独自の進化を遂げたボルシチ風スープという方が正しいかもしれません。本家ボルシチには、テーブルビートが入っていますが、なかなか入手困難な材料の為、トマトが代用されています。ですんで、ミネストローネの方が近いかもしれません。

金雀餐廳 | ステーキどーん。メインのお肉が出てきました。

金雀餐廳 | ステーキ黑椒牛柳餐 (Black Pepper Steak) HK$130

すごいボリュームです。

金雀餐廳 | ステーキこちらはホタテ付のフィレ。

帯子牛柳餐(braised Scallop & Fillet Steak) HK$140

金雀餐廳 | ステーキ見て下さい、このお肉の分厚さ。

お値段は、日本のファミレス並でしたが、この肉厚は日本ではなかなかこの価格で見受けることがないのではないでしょうか?
なかなかの食べ応えです。

レトロ(≒チープ)な店内、いぶし銀のウェイターのおっちゃんと、なかなか昔から続く香港の雰囲気を残した良いレストランでした。食事の内容としても、リーズナブルな価格でお肉をガッツリ食べるのにオススメです。
でも、映画「花様年華」と「2046」を見てから来ると、実際のチープな店内の雰囲気が、いかに王家衛監督の手によって、おしゃれでスタイリッシュな雰囲気してしまう映像マジックを感じることが出来、楽しみ倍増です。

金雀餐廳 | ネオン看板金雀餐廳 Goldfinch Restaurant Ltd
銅鑼灣蘭芳道13-15 號地下
G/F., 13-15 Lan Fong Rd., Causeway Bay
電話番号: 2577-7981
営業時間:11:00~23:30

ちなみに、銅羅湾の蘭芳道には、ブルース・リーの映画「死亡遊戯」の舞台となった南北飯店も、金雀餐廰の並びにあります。

【関連記事】
世界!弾丸トラベラーが香港のどこで何をしたのか調べてみた。| しょこたんプレゼンツ香港完全制覇ツアー

はてなブックマーク - 香港映画「花様年華」と「2046」の雰囲気で、がっつり食べるステーキ で、その現実は? | 金雀餐廳
Pocket

こちらもどうぞ:関連していそうな記事

こんな記事もあります:ランダムピックアップ!

random image
香港国際空港のラウンジで時間つぶし。ウエストラウンジ編
Apple Store Hong Kong
香港初Apple Storeがいよいよオープン!
映月樓 Serenade 動物点心
動物点心コンプリート! | 映月樓 Serenade

コメントをお願いします!

下記フォームからコメントできます。
あなたのサイトからトラックバックすることもできます。
このコメントをRSSで購読することが出来ます。

これらのタグを利用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>