Home » 香港観光情報

国慶節の花火大会を優雅に海上から見ようとしてやっと気付く大人の事情。

2011年 10月 2日 コメント(3)
はてなブックマーク - 国慶節の花火大会を優雅に海上から見ようとしてやっと気付く大人の事情。
Pocket

國慶六十二周年香港煙花匯演

10月1日は中国の国慶節でした。
香港のビクトリアハーバーでは、毎年この記念日に大規模な花火大会が行われます。

関連記事:国慶節の花火大会 「六十周年國慶煙花匯演」 に行って来ました。-2009

今回も約25分間で3万発の花火が打ち上げられるとのことで、
今年は、趣向をこらして優雅に海上からの鑑賞に挑戦です。

國慶六十二周年香港煙花匯演申し込んだのは、香港人参加100%と思われる、地域の町内会ツアーのような、財布の紐を緩めやすい価格の催し。

クルーズ船に乗って、優雅にビクトリアハーバーをクルージングできるのかな~♪と期待していたところ、やってきたのは離島などの連絡船によくある、なんとも庶民的なこちらの船…

國慶六十二周年香港煙花匯演2階のオープンデッキは家族連れやお年寄りで満杯に。。。

うっかり乗り遅れ、席がなくなり手すりにつかまったまま揺れに絶えながらの約30分間のチュン湾~チムサーチョイ・ビクトリアハーバーのクルージング?になってしまいました。

チュン湾市民を乗せた船は、チュン湾フェリーピアを出発して ~ 青衣大橋 ~ 葵涌の巨大コンテナターミナル ~ ストーンカッターズ橋(昂船洲大橋) ~ そして目的地のビクトリアハーバーへ。

日頃なかなかお目にかかれないアングルから景色を楽しむ船旅となりました。
これはこれで、なかなか楽しかったです。

國慶六十二周年香港煙花匯演さて、目的地であるビクトリアハーバーの西側、ICC(インターナショナル・コマース・センター)付近にやってきました。

他のいろんな船も、花火を見るためぞくぞくと集まってきていました。

いくつもの豪華クルーズ船が横をすり抜けるたび、その乗客の少なさに、うらやましさを隠すことが出来ません。

國慶六十二周年香港煙花匯演ちょっと写真では見えにくいのですが、海岸沿いにも無数の観客が集まっていました。

そしていよいよ、花火大会のはじまり~!

國慶六十二周年香港煙花匯演ドドーン!と花火の音が聞こえてきて、前方に花火が上がり始めました。

…あれ?

…なんか遠くない?

國慶六十二周年香港煙花匯演なんか、もっと、花火の真下くらいの位置から、「視界いっぱい花火ぃ!」というのを大いに期待していたのですが、一体どういうことでしょうか…。

「あれくらい、近くに行けると思ったのになぁ~。」
遠くにかすむ、花火近くの豪華クルーズ船たちがうらやましくて仕方がありません。

國慶六十二周年香港煙花匯演仕方がないので、ここで楽しむしかありませんね。

遠くにみえる花火を見ながら「小さいけど、きれいやねぇ~」

…花火をじっくり見つめていると、船酔いしてきてしまいました(涙)

結論!:香港で優雅に花火を楽しもうとしたにもかかわらず、資金力の格差を見せ付けられる結果となってしまいました…。優雅さは、資産力に比例するものと言わざるをえないようであります。

はてなブックマーク - 国慶節の花火大会を優雅に海上から見ようとしてやっと気付く大人の事情。
Pocket

こちらもどうぞ:関連していそうな記事

    関連する記事がありませんでした。

こんな記事もあります:ランダムピックアップ!

アップルストア | 中環IFC店
香港に3店目に出来た「アップルストア銅鑼湾店」に行ってみた。
ジェニーベーカリー Jenny Bakery のクッキー缶
2009年9月の人気記事Top10
香港の新生活
香港の新生活応援特集:スーパーいろいろ、その2

3 件コメントがあります。 »

  • ICCの展望台「スカイ100」に行ってきました|天際100-環球貿易廣場 | Love Life 香港! :

    [...] 10月1日、国慶節花火大会の火に地元のツアーに参加したのですが、そのツアーでは夜の船旅の前に香港発の360度展望台「Sky100」へのコースが入っていたので、ご紹介したいと思います。 [...]

  • 親方 :

    昔琵琶湖の対岸から見た花火大会を思い出しました・・・
    マッチの頭ぐらいの大きさの花火でホントに寂しい花火でした。
     
      明日社会復帰です。出てからも自己練習の日々ですが・・・

  • 管理人 | グルメガネ(小) (author) :

    >親方、こんばんは!
    遠くから見る花火って、さびしいものですねぇ。。。

    いよいよ復活ですかぁ、おめでとうございます!
    無理しないでね、お大事に!!保重身体!!

コメントをお願いします!

下記フォームからコメントできます。
あなたのサイトからトラックバックすることもできます。
このコメントをRSSで購読することが出来ます。

これらのタグを利用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>