Home » グルメ特集

大排檔で味わう香港の味 「東寶小館」(北角)

2010年 8月 4日 コメント(5)
はてなブックマーク - 大排檔で味わう香港の味 「東寶小館」(北角)
Pocket

「東寶小館」に着きました。こんな看板と、たくさんのお客さんがいるのですぐに分かります。

香港で中華といえば、レストランの飲茶や上品なレストランで食事、というのも良いのですが、地元の香港人の活気あふれる空気の中、楽しむ食事というのはいかがでしょうか?

今回紹介するのは、「大排檔」(ダイパイドン)と呼ばれるジャンルのレストランです。大排檔は、路上や道端で営業する露天のレストランのことを示します。香港政府が衛生上などの理由で、街市(ストリート・マーケット)や大排檔を政府ビルの中で営業するように移転を進めた結果、露天でなく街市ビルの中で営業する大排檔レストランが出来るようになりました。

【関連記事】 これ多分、純粋な大排檔。 勝香園(上環) | 吹きさらしの屋台でトマトラーメンを。

今回、行った大排檔レストランは、「東寶小館」。
かなり人気のお店です。ここは飛び込みは、まず無理で、事前の予約が必要になります。高級レストランというワケではないのに、予約必須、なんて、期待できますね。

ちなみに、予約受付時間は、午後2時半から午後5時半の3時間。
5時半以降のディナータイムは、電話対応もできないぐらいお客さんの対応でテンテコ舞いになっちゃうんでしょうねぇ。

東寶小館 Tung Po
北角渣華道99號渣華道市政大廈2樓 (日本式には、3階)
☎2880 5224
予約受付時間: 毎日14:30-17:30


より大きな地図で Love Life Hong Kong を表示

はてなブックマーク - 大排檔で味わう香港の味 「東寶小館」(北角)
Pocket

こちらもどうぞ:関連していそうな記事

こんな記事もあります:ランダムピックアップ!

空港バスの始発・終発
香港と日本を結ぶ格安航空会社を比較してみた【1】スケジュール 東京発編
何とかしてタダで香港旅行できるかもしれない方法|「漢方スタイルクラブカード」がオススメ。
香港旅行に格安で行けるかもしれない方法|「漢方スタイルクラブカード」の徹底活用
random image
3月21日、今日のビクトリア・ハーバー。

5 件コメントがあります。 »

  • ちぃやん :

    あぁ懐かしいです。現地に住む友人の案内で13年前に行きましたよ。
    当時は飛び込みで入れましたが、それでもほぼ満席でとても賑やかでした。“ブロッコリーのチーズがけ“は今も人気メニューなんですね。
    新陳代謝の盛ん?な香港の飲食店ですが、ここは衰えを知らない店ですね。
    いつか出掛けたいです。情報をありがとうございました。

  • 管理人 | グルメガネ(小) :

    ちぃやんさん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    そうですか、13年もまえから、変わりなく賑わっているお店なんですね~!
    ぜひまたこのお店で楽しめるといいですね。

  • stijp :

    今度、香港に遊びに行きますが、このお店是非言ってみたいですね。
    ところで、席の予約は何語で対応してるのですか?広東語?英語??
    最悪、ホテルの人にお願いするしかないですかね?

  • 管理人 | グルメガネ(小) :

    stijpさん、こんにちは。

    ぜひぜひ行ってみてください。この記事のときは、広東語で予約したのですが。。外国人にも有名なお店なので、もしかしたら、英語も、いけるのかな?という気はするのですが。。。
    ホテルの方にお願いするのが確実かもしれませんね。

  • stijp :

    こんばんは、

    せっかくコメントを頂いたのですが、今回は行けずじまいでした。
    次回は是非行かせて頂きます、ありがとうございました。

    ココとは別ですが、尖沙咀にある星座冰室 (Star Cafe)に行ってきました。
    なんだか良い雰囲気のおじいに案内されて面白かったです。

    トマトラーメンも食べたことのない味でしたが、非常に美味でした。
    ココのフレンチトーストを食べましたが、お店によって味はずいぶん違うのですね。

    ココのお店の味が一番好きでしたよ。

コメントをお願いします!

下記フォームからコメントできます。
あなたのサイトからトラックバックすることもできます。
このコメントをRSSで購読することが出来ます。

これらのタグを利用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>