Home » グルメ特集

香港で食べる讃岐うどんに関する考察。 | 自家うどん

2009年 10月 22日 コメント(2)
はてなブックマーク - 香港で食べる讃岐うどんに関する考察。 | 自家うどん
Pocket

自家うどん 店頭 (香港・尖沙咀)
香港の飲食ガイド的存在の雑誌付録「飲食男女」で、うどん特集が組まれていました。

香港では、「日本式」うどんを食べることは出来るものの、ちゃんとした「日本の」うどんにお目にかかることはないんですね。

そんな中、日本からうどん製麺機を輸入し、ちゃんとした「日本の」うどんを食べることの出来るお店が出来たようなので、ちょっと行って来ました。

チョンキンマンション正面「飲食男女」の情報では、場所は 尖沙咀の重慶大厦 チョンキン・マンション 地下 です。

えっ、あのゲストハウスや両替屋さん、カレー屋さんの集まるチョンキンマンションですかぁ。あの雑多なビルの中にうどん屋さんとは、と思ったのですが、最近、チョンキンマンションも改装工事(拡張?)をしており、両替屋さんの並ぶメインの入り口とは別に、左側に地下街へ通じる入り口が出来ていました。

「WOODHOUSE 活方」と書かれているところの入り口から入っていきます。

自家うどん 店頭 (香港・尖沙咀)

自家うどん 厨房 (香港・尖沙咀)
キッチンがガラス張りになっているので、調理している様子がよく見えます。

で、手前に見える機械が日本から買ってきたうどん製麺機のようです。
次から次へとうどんを延ばして、うどんを切って、どんどん、ドンドン、うどんが出来上がってきます。

「手打ち」うどんではないものの日本製の製麺機で作られており、切りたてを茹でたてで食べることができるので、麺でがっかりすることはなさそうです。

【大和製作所】
 http://www.yamatomfg.com/original/products_0/udon/index_alt_2.htm

自家うどん ショップカード (香港・尖沙咀)

このうどん屋さん、屋号を「自家うどん」といいます。
自家製うどんで、「自家うどん」。そのままですね。

屯門に一軒、そして、この尖沙咀の一軒の併せて二軒あるようです。

この「自家うどん」、香港の至るところ見かける寿司チェーン「板前寿司」の創業者、且つ、オーナーの鄭威濤(リッキー・チェン)氏の手掛けるお店だそうです。築地市場の初せりで、高級本まぐろを外国人が最高値でせり落としたというニュースを聞いたことがあるかと思いますが、その人です。

【参考記事】 http://news.nna.jp/free/news/20090508hkd002A.html

自家うどん メニュー (香港・尖沙咀)

順番待ちの間、店頭にメニューがありましたので、見てみましょう。

冷烏冬(さるうどん)、湯烏冬(普通の熱いうどん)、掛烏冬(ぶっかけうどん)、釜揚烏冬(釜揚げうどん)、鍋仔烏冬(鍋焼きうどん)のうどんが楽しめます。まぁ、なかなか日本的なメニュー展開ですよね。

と思いきや、
豚軟骨うどん トマトスープうどん 豚トロうどん 豚カツうどん 豚カツカレーうどん 豚カツ釜揚げうどん
となかなかの香港テイストな変化球メニューも用意しています。

この発想の豊かさ、なかなか侮れません。

自家うどん 店内 (香港・尖沙咀)

自家うどん メニュー (香港・尖沙咀)

自家うどん メニュー (香港・尖沙咀)

待つこと15分、ようやく店内に案内されました。
出来てまだ新しいこともあって、綺麗な店内です。内装も日本のお店に負けないほど、日本のうどん屋な雰囲気がしています。

メニューも結構しっかりと作られています。

自家うどん 厨房 店内から (香港・尖沙咀)

店内からも厨房の様子がうかがえます。
注文もガシガシ次から次へと入り、とても忙しそうです。

自家うどん ざるうどん (香港・尖沙咀)

自家うどん ざるうどん (香港・尖沙咀)

豚カツうどんといった冒険をすることなく、ざるうどん(15香港ドル)から試してみました。

茹でたてのうどんは、ちゃんとコシがあります!
これはなかなか美味しいです。

コシがあるうどんのこの喉越し、15香港ドルは安いですっ!

で、気づいたのが、薬味。
日本だと、ざるうどんはおろし生姜なんでしょうが、わさびです。
まぁ、わざび好きの香港人なので、これは仕方ないんでしょうね。

次に、「ジャンボ」かき揚げうどん です。

自家うどん かき揚げうどん (香港・尖沙咀)

自家うどん かき揚げうどん (香港・尖沙咀)

かき揚げ、ホント、デカイ!!!

人気らしく、かき揚げ、出てくるのに大分時間がかかりました。
エビ、かぼちゃ、タロイモ(?)とか、色々入っています。これも、美味しいです。

肝心のうどんの方ですが、おダシからカツオ系の良い匂いが「プーンッ」としてきます。
これは期待できそうです。

だが、おつゆを一口。んー、ちょっとコクがもう少し欲しいですかねぇ。
コクがあれば、かなり合格点なんですがねぇ。

自家うどん ぶっかけうどん (香港・尖沙咀)

次は、小海老天とチクワ天の載ったぶっかけうどんを食べてみました。
チクワ天も揚げたてで、美味しいです。たまりません。

んー、ただ、ぶっ掛けのツユ。これも、ちょっと甘めの味付けなんですが、こんなもんだったかな、ぶっかけのツユって?

ざるうどん、普通のダシの入った熱いうどん、ぶっかけうどんといただきました。

おダシ、おつゆの味加減から行くと、ざるうどんに軍配が上がりました。
ざるうどんと同じおつゆだと思うので、次は 釜揚げうどん を試してみたいと思います。

自家烏冬 Jika Udon
尖沙咀彌敦道36-44號重慶大廈地庫23A及25號舖

より大きな地図で Love Life Hong Kong を表示

はてなブックマーク - 香港で食べる讃岐うどんに関する考察。 | 自家うどん
Pocket

こちらもどうぞ:関連していそうな記事

こんな記事もあります:ランダムピックアップ!

ハーバーシティ
もうすぐ、旧正月がやって来ます。| 2010年旧正月
坤記煲仔小菜 | 店頭でテーブルセット中
冬の香港のお楽しみ、煲仔飯(ボウジャイファン)の季節がやって来た! | 坤記煲仔小菜
Morn Creations パンダグッズ
パンダ好きのあの子へ、とっておきのパンダグッズを。|Morn Creations

2 件コメントがあります。 »

コメントをお願いします!

下記フォームからコメントできます。
あなたのサイトからトラックバックすることもできます。
このコメントをRSSで購読することが出来ます。

これらのタグを利用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>