Home » グルメ特集

チャイナクラブでレトロモダンな中国を感じる | 中国会 China Club

2009年 8月 22日 コメント(1)
はてなブックマーク - チャイナクラブでレトロモダンな中国を感じる | 中国会 China Club
Pocket

1Fに直通の専用エレベーターがあります。友人が日本からのお客様を招待するとのことで、人数が多い方が楽しいから!と、「チャイナクラブ (中国会 China Club)」に誘っていただきました。

お誘いを頂いた時は知らなかったのですが、このお店は完全会員制で、会員の方と一緒でないと入れないお店だと知りました。香港にお住まいの方には有名なお店なんですね。
「ドレスコードってあるんですか?」と一緒に誘われた友人がたずねたのを聞いて「えっ、そんなお店なの??」と急にアタフタしてしまいました(笑)
夜に誘っていただきましたが、ドレスコードはとくに厳しくなく、ジーパンはダメだけど、よっぽどラフでなければ普通で大丈夫ですよ、とのことでした。

さて特別な機会がなければ足を踏み入れることはないこの「チャイナクラブ」、レトロモダンな上海テイストで欧米人にかなりの人気を誇るブランド、上海灘(シャンハイタン Shanghai Tan)の創設者、デビット・タンさんがプロデュースしたお店なのだとか。

上海灘は、どの品もお高めでなかなか買えないのですが、欧米人に受けるのが納得のデザインクオリティーと、レトロな中国インテリア見たさに何度もひやかしに訪れている、私の中では観光スポットの一つになっています(笑)

さてそんな上海灘のレストランともなれば、きっと優雅な中国の世界に浸れるはず、、、と胸をふくらませて行きました。

お店に一歩足を踏み入れたとたん、華やかな映画のセットの中にでもいるような気分になりました。
レトロな中国の調度品の数々と、高級感とレトロ感満点の店内はそれだけで十二分に訪れる価値があると思いました。実のところけっこう緊張してしまって、写真、あまりとれなかったんですよね。。。

お食事中は絶えずスタッフの方がお世話をしてくれて、私たちはいろんな話を楽しみながらお料理をいただくことができました。お味はそつなくおいしかったです。

到着時には少なかったお客さんも、8時前には満席の大賑わいでした、ほとんどが欧米人のようで、日本人もたくさんいました。いかにも中国!な気分にさせてくれるこんなお店、外国人にとってはたまらないですよね。

そうそう、8時からは、店内でティーセレモニーと麺打ちのパフォーマンスが行われていました。お客さんはみんな立ち上がってカメラを片手にワイワイと大盛り上がりでした。麺打ちではかなりおもしろい見どころがあり、ディナーに訪れる機会がある方は、ぜひ見ていただきたいです!ネタばれになるなので内容は内緒^^

このときはなんと誘ってくれた友人がみんなをごちそうしてくれました(びっくり!)
一人あたりの費用が不明ですが、ネットで調べてみると夜はお一人HK$800~とか、、あわわ。。!

新しい中国銀行とHSBCに挟まれた白いビルが旧中国銀行のビルですいやはや、身に余る貴重な時間を過ごさせていただきました。
ランチの時間帯は3000円位でブッフェを楽しめるそうなので、機会があればいつかいってみたいです。

■チャイナクラブ(中国会 China Club)(会員制)
香港中環銀行街舊中国銀行大廈13樓
13/F, The Old Bank of China Building, Bank Street, Central, Hong Kong
電話 2521-8888
お店の情報を調べているうちに会費を目にしました。目が飛び出る額でした、は~、すごい。

■上海灘(シャンハイタン Shanghai Tan)

http://www.shanghaitang.com/


より大きな地図で Love Life Hong Kong を表示

はてなブックマーク - チャイナクラブでレトロモダンな中国を感じる | 中国会 China Club
Pocket

こちらもどうぞ:関連していそうな記事

こんな記事もあります:ランダムピックアップ!

ザ・ベランダ 露台餐廳 The Verandah
ザ・ベランダでアフタヌーンティーを。| 露台餐廳 The Verandah
マカオ日帰りの旅 | 媽閣廟 (A-Ma Temple)
マカオ日帰りの旅 - 2:媽閣廟 (A-Ma Temple) -
名人坊 Celebrity Cuisine | 燕窩醸鳳翼 - ツバメの巣詰め手羽先
広東料理レストラン「名人坊高級粵菜 Celebrity Cuisine」。 ☆☆ ミシュラン2ツ星

一件コメントがあります。 »

コメントをお願いします!

下記フォームからコメントできます。
あなたのサイトからトラックバックすることもできます。
このコメントをRSSで購読することが出来ます。

これらのタグを利用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>