Home » 香港生活雑記

どぅあーッ!少林カンフー祭、行ってきました。

2009年 3月 29日 コメント(1)
はてなブックマーク - どぅあーッ!少林カンフー祭、行ってきました。
Pocket

少林カンフーマスターたち。ハッ!

少林カンフーマスターたち。ハッ!

新聞にもドーン。嘘っぽいけど実物もこんな感じでした。

新聞にもドーン。

さて、先日
Yahooニュースでみつけたイベント
、少林カンフー祭を見るために、「昂坪市集」 (ゴンピンマーケット)へ行ってきました。
毎朝駅で配られている無料新聞にも広告がドーンと載っていました。合成っぽくて演出しすぎだろー、と思いきや、実物もなかなかに迫力満点だったのでおどろきです。

ロープーウェイの旅も楽しんで、お天気も暑すぎずと、良いお日和です。

映画に出て来そうな町並み

映画に出て来そうな町並み

[caption id="attachment_1608" align="alignright" width="150" caption="街の向こうに大仏さんが見えます。"]街の向こうに大仏さんが見えます。[/caption]昂坪の街にはもともと大仏さんとお寺以外に何も無かったところらしいのですが、現在は商店・レストラン群が併設された「昂坪市集」がつくられています。

スタバもありました

スタバもありました

[caption id="attachment_1610" align="alignleft" width="150" caption="観光地お決まりのアレです"]観光地お決まりのアレです[/caption]まるでテーマパークかな?と思ってしまうところがちょっと残念でしたが、のどかな石畳の街並みと、すぐに休憩ができるお店やお土産物屋がそこらにあったり、そう広くないエリアで色々と見れるのがお手頃です。

「昂坪市集」を通り抜けて、5分ほどいくと、一番の見どころである大きな大仏さんが拝観できたり、宝蓮禅寺というお寺がありますが、これ以外はさほどテンションの上がるものはないので、何か催し物があるときにあわせて行くか、帰りしなのトンチョン駅のショッピングモールでのウィンドウショッピングにも時間をとって楽しむと良いかもしれません。

少林カンフーの会場発見!

少林カンフーの会場発見!

[caption id="attachment_1612" align="alignleft" width="150" caption="演武のタイムテーブル"]演武のタイムテーブル[/caption]
「昂坪市集」に到着して少しぶらついたあと、いよいよカンフーマスターの演武がはじまりました。

■あこがれのカンフーマスターの演武はこちら! (6分39秒)

メチャメチャかっちょいーっ
「酔拳」もやってる!やった、生酔拳が見れたよ!

思いのほか若いマスター達にもびっくり。ベビーフェイスなのに筋肉ばっちりですよ。
思わずそのギャップに胸キュンです。マダムキラーなカンフーマスター君です。ちょっとヨダレものでした。
少林カンフーっていうか、少年カンフーです。

また、大きめの体格のマスターの素早い動きにも目が釘付けになりました。
「飛ばねぇブタはタダのブタだ。」 かっちょいい~。

■そして大演武!(20分47秒)

息ぴったり、ホントにお見事ですね。

テッテケテー!

テッテケテー!

[caption id="attachment_1623" align="alignleft" width="150" caption="雑技団っぽいかも"]雑技団っぽいかも[/caption]
人間トンネル、空中にドゥアッ!

人間トンネル、空中にドゥアッ!

演武のあとのフォトセッション「あちょー!」

演武のあとのフォトセッション「あちょー!」

演武の後には、あこがれのカンフーマスターが背景を彩ってくれるというフォトセッションがありました。これで無料だなんて、素敵すぎます。
先着順で、今回はあえなく敗退。残念です。

演武の空き時間に大仏さんも見れて、なかなか良いペースで過せました。
あー、おもしろかった。

はてなブックマーク - どぅあーッ!少林カンフー祭、行ってきました。
Pocket

こちらもどうぞ:関連していそうな記事

こんな記事もあります:ランダムピックアップ!

Galinha Assada na Brasa
マカオ日帰りの旅 - 5:フェルナンド(法蘭度餐廳)で晩御飯 -
傷心酸辣粉
気軽に食べるピリ辛な四川の小皿料理と酸辣粉 | 傷心酸辣粉
百度地図 | オフラインでも使える地図アプリ
香港旅行に是非とも持って行きたいオフラインでも使える地図アプリ「百度地图」

一件コメントがあります。 »

コメントをお願いします!

下記フォームからコメントできます。
あなたのサイトからトラックバックすることもできます。
このコメントをRSSで購読することが出来ます。

これらのタグを利用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>