Home » 香港観光情報

パンダホテルからマカオへ!

2009年 2月 19日 コメント(0)
はてなブックマーク - パンダホテルからマカオへ!
Pocket

パンダホテル 玄関

お手頃な価格帯のパッケージ・ツアーでよく利用されるパンダホテル。
場所が尖沙咀や中環といった中心部から少し離れた「荃湾」(ツェンワン)にあり、初めての旅行者には思い通りに行動できないかも?という印象を持たれているかと思います。
そんな方に、役に立つパンダホテル周辺の歩き方を紹介していこうと思います。

今回は、パンダホテルからマカオへの行き方を紹介します。

香港からマカオへの行き方としては、
 ・尖沙咀にある中港城からフェリーで行く。
 ・上環(ションワン)にある港澳碼頭(マカオフェリー・ターミナル)からフェリーで行く。
の二つのルートがあります。

中港城(尖沙咀)ルート

まずは、中港城(尖沙咀)ルート。こちらは、MTRで移動するルートになります。
 パンダホテル(荃湾)
  ↓ 徒歩10分
 MTR荃湾駅
  ↓ 電車30分
 MTR尖沙咀駅
  ↓ 徒歩10分
 中港城

このルートは、ホテル→MTR荃湾駅、MTR尖沙咀駅→中港城の行程で、地理を把握する必要があり、なおかつ、歩かないといけないのが、面倒なので却下。

港澳碼頭(上環)ルート

次に港澳碼頭(上環)ルート。こちらは、MTRで上環に行くルートと、バスで上環に行くルートの二つがあります。

■港澳碼頭(上環)ルート その一 MTRルート

まずは、MTRルート。
 パンダホテル(荃湾)
  ↓ 徒歩10分
 MTR荃湾駅
  ↓ 電車30分
 MTR中環駅
  ↓ 電車3分
 MTR上環駅
  ↓ 徒歩5分
 港澳碼頭(上環)

このルートは、パンダホテル(荃湾)からMTR荃湾駅まで行くのが道に迷いそうで不安、面倒くさい、中環駅で乗換えが面倒くさい、というのもあり、個人的に却下です。

■港澳碼頭(上環)ルート その二 バスルート

次にバスルートで港澳碼頭に行くルートです。個人的にはこれが一番オススメです。
乗り換えもないし、歩く距離も長くないですし。
 パンダホテル(荃湾)
  ↓ 徒歩5分
 バス停(荃湾・沙咀道・寶石大厦)
  ↓ 930番バス 30分
 港澳碼頭(上環)

ほら、直通でしょ!便利そうでしょ!

ということで、上記ルートで一番難関かと思われる パンダホテルからバス停までの道のり を紹介しておきますので、参考にしてください。

荃湾から上環にある港澳碼頭まで行くバスは、「930」番のバス(金鐘 行)になります。
このバスは、城巴 CITY BUSが運行しており、黄色いベースに赤色と青色の線が入った車体が特徴です。

で、 港澳碼頭(上環)はどこで下りるのか、というのも重要なポイントですよね。

この930バスは、九龍半島と香港島を結ぶ海底トンネルを通ります。このトンネルを抜けて、二つ目(確か…)のバス停が目指す「港澳碼頭」のバス停になります。
バス前方には次のバス停を表示する電光表示があります。そこに「港澳碼頭」と表示されるのを注意して見ていて下さい。(ただ、最近、この電光表示に「修理中」と貼っているバスが多い。)

港澳碼頭-マカオフェリーターミナルところで、写真の左に見えるビルが、「港澳碼頭-マカオフェリーターミナル」の入っている信徳中心というビルです。ちょっと赤い筋が入っているビルで特徴があります。

この建物が見えてきたら、そろそろ下車の準備です!

あと、港澳碼頭では、かなり多くの乗客が下車します。海底トンネルを抜けて、多くの乗客が下車し始めたら、そこが下りるバス停「港澳碼頭」です。

バス停を下りて、目の前のビルのエスカレータで上にあがると(確か3F)、マカオフェリーターミナルに到着です。

パンダホテル 悦来酒店

パンダホテル 悦来酒店

パンダホテル(悦来酒店)
3 Tsuen Wah Street, Tsuen Wan, Kowloon, Hong Kong
香港茎湾茎華街三号
☎ +(852)2409 1111

http://www.pandahotel.com.hk

全1026室/30階建
1992年開業/2005年リノベーション

はてなブックマーク - パンダホテルからマカオへ!
Pocket

こちらもどうぞ:関連していそうな記事

こんな記事もあります:ランダムピックアップ!

香港国際マラソン2012
香港国際マラソン2012【当日編1/2】 | 10kmコースにチャレンジ!Standard Chartered Hong Kong Marathon
ペニンシュラホテル
香港ペニンシュラホテルのクリスマス
柯士甸~尖東~紅磡が開通。
MTR港鐵 新線 「九龍南線」 に関するあれこれ。

コメントをお願いします!

下記フォームからコメントできます。
あなたのサイトからトラックバックすることもできます。
このコメントをRSSで購読することが出来ます。

これらのタグを利用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>